ドローンの空撮動画を見て感動してドローンを買った・買いたいと思った人は多いと思います。

素敵な空撮動画のほとんどはジンバルが付いていると言えます。

今回は、ドローンに付いているジンバルの役割とジンバル付きドローン・ドローンに取り付け可能なジンバルをいくつかご紹介していきたいと思います。

素敵な空撮動画を撮るための参考にしていただければと思います。

DJIドローンの購入は公式からがおすすめ!

DJIのドローン購入は公式ストアからがおすすめです。入荷・配送などのレスポンスの早さや品揃え、サポート体制は公式ならではですし、セールも定期的に行っていて代理店より安くドローンを手に入れることだってできます。気になるドローンがあればまずは下のボタンからチェックしてみてください。

DJIオンラインストア

ドローンにおけるジンバルの役割

まず、そもそもジンバルとは何か?ということと、ドローンの空撮におけるジンバルの役割についてご説明していきたいと思います。

ジンバルとは?

ジンバル(Gimbal)とは、別名『電子制御スタビライザー』といい、モーターの働きによって動画撮影時のブレを抑える装置です。

ドローンは基本的にプロペラによって浮遊しますので、プロペラによる振動が動画撮影時にも伝わってきます。

また、上空の風による揺れ。これも動画の撮影に影響を与えます。

ドローンにジンバルが付いていなかったら…

上の動画は吉武穂高さんという方がYouTubeにアップしていた動画です。

撮影に使用しているDJI Phantom4はもともとジンバルが付いているのですが、ジンバル不調ということでこのようなブレブレの動画になっています。

上でもお伝えしたように、ジンバルが付いていないドローンで空撮動画を撮っても上の動画のような結果になってしまう可能性が高いです。

ブレのない滑らかな動きの空撮動画を撮りたいのであれば、ジンバル付きのドローンを使用することは必須と言ってもいいですね。

おすすめジンバル付きドローン

それでは、もともとカメラにジンバルが付いているドローンをいくつかご紹介していきたいと思います。

ジンバル付きのドローンは、カメラの性能も高く、ジンバルそのものの価格も通常5万円前後とそこそこの値段がしますので、結果的にある程度の価格はしてしまうことは頭に入れておいてください。

DJI Phantom4 PRO

空撮動画といえば、DJI Phantomシリーズ。Phantomの最新型がPhantom 4 PROです。

価格は20万円程度しますが、YouTubeで公開されている空撮動画の多くがPhantomによる撮影のものです。

値段が気になる方は、一昔前のPhantom3やPhantom4 Advancedなども検討すれば10万円台での購入も可能です。

さらに中古品まで目を向ければ10万円以下でも手に入れることができるかと思います。

ジンバルは3軸になっており、ブレ・傾きに対応したかなり安定した撮影をすることができます。

DJI公式ストアでチェック

DJI Mavic

同じDJIのPhantomから1段階価格を下げて軽量化・コンパクト化されたドローンが『Mavic』です。

価格は10万円ちょっと。ジンバルも3軸なので、安定した撮影が可能です。

Phantomとの違いを上げると、飛行距離・飛行速度・強風耐性などの機体の性能はPhantomが上になります。

カメラ性能そのものはどちらも大きく変わらないのですが、Phantomの方が視野角が広いので、よりダイナミックな画像を撮ることができます。

DJI公式ストアでチェック

GoPro KARMA

アクションカメラ『GoPro』で有名なGoPro社ですが、GoPro付きのドローン『KARMA』が発売されています。

価格は10万円台後半ですが、GoProも付いていると考えるとお得かもしれませんね(取り外し可能です)。

ただ、GoProに詳しい方はご存知かと思いますが、魚眼レンズになっているので少し歪みが気になるかもしれません。

また、飛行時間やセンサーなどの機体そのものの性能はやはりDJIの方が上だと言っていいでしょう。

KARMAをAmazonで探す

ZEROTECH Dobby

ここまでご説明したドローンは、機体重量200gを超えるものばかりです。

200gを超えることにより、「航空法」によっていくつかの制限を受けてしまいます。代表的な内容を挙げると、人口密集地での飛行には許可が必要になり、都市部ではほとんど飛ばすことができません。

そこで機体重量199gの電子ブレ補正可能なドローンZEROTECHの『Dobby』があります。

しかし、正直申し上げますと、3軸ジンバルを使用している上のドローンに比べるとブレや傾きがどうしても気になってしまいますし、電子ブレ補正をすることで画質も下がってしまいます。

また機体が小さいが故の風による影響も大きいです。

値段は10万円未満といったところなので、上の本格空撮用ドローンを購入する前に練習用といった感覚で購入してみることはありかもしれませんね。

正直言いますと、YouTubeなどでみる綺麗な空撮動画をDobbyで撮影することは難しいのかなと思います。

DobbyをAmazonで探す

まとめ

いかがでしょうか。

YouTubeなどでみる綺麗な空撮動画を撮影したいのであれば、ジンバル付きのドローンを利用することは必須と言ってもいいです。

しかし、その分カメラ性能や機体の重量、性能もハイスペックなものになってきますので、ある程度の価格もしてきます。

  • ず練習から始めるのか?
  • それともいきなり本格派ドローンを購入するのか?

は、あなた次第ですが(ちなみに著者はいきなりPhantomを購入しました)、これをご覧になった方が安全に素敵な動画を撮影していただくきっかけにしていただけたのなら嬉しく思います。

DJIドローンの購入は公式からがおすすめ!

DJIのドローン購入は公式ストアからがおすすめです。入荷・配送などのレスポンスの早さや品揃え、サポート体制は公式ならではですし、セールも定期的に行っていて代理店より安くドローンを手に入れることだってできます。気になるドローンがあればまずは下のボタンからチェックしてみてください。

DJIオンラインストア