2017年9月29日に新作GoPro HERO 6のリリースなど、アクションカムの人気を牽引する「GoPro」。

レージャーやスポーツのお供に最適で人気が高いですが、すぐバッテリーが切れてしまうなどの心配の声もネットでよく見かけます。

今回はその「GoPro」のバッテリーに関して、注意点やおすすめの使用方法などをお伝えしていきたいと思います。

GoProバッテリーの動作時間はどれくらいもつのか?

まずは気になるGoProのバッテリーはどのくらいもつのかをお伝えしていきましょう!下記の表にまとめましたのでまずはご覧ください。

GoProシリーズのバッテリー持ち時間

最近リリースされた「GoPro HERO 6 Black」と、1世代前の「GoPro HERO 5 Black」の撮影モードによってのバッテリー動作時間をまとめました。

(解像度やフレームレートの性能面での違いがありますのでGoPro HERO 6 Blackベースでの表になります。)

解像度/フレームレート HERO6 Black HERO5 Black
4K/60fps 1時間10分
4K/30fps 1時間35分 1時間30分
2.7K/120fps 1時間
1440p/60fps 1時間15分
1080p/120fps 1時間5分
1080p/60fps 1時間40分 2時間
720p/60fps 1時間50分

いかがでしょうか?けっこう短いと思いませんか(著者はそう感じました)?

さらにこの表は「ビデオ撮影のみ」での時間で、その他撮影時機能の「GPS」「安定化機能」「WiFi機能」を起動すると、バッテリーの動作時間はもう少し短くなっていきます。

4K&60fpsでの動画撮影を、レジャーやスポーツでする場合はちょっと物足りないのと、いつバッテリーが切れるか?という不安がよぎりますよね。

著者のGoProバッテリーレビュー

利用モデル「GoPro HERO 5 Black」

画像引用元「GoPro HP

体感的なバッテリー持ち時間ですが、1080p/30fpsの設定で撮影時機能の「GPS」「安定化機能」「WiFi機能」を起動させての撮影を良くするのですが、撮りっぱなしでなくても大体1時間ちょっとくらいで電池が切れてしまいます。

GoProバッテリー動作時間は、もちろん気温や環境条件によって少し前後するとは思いますが、著者はレジャーや遠出の時には「予備バッテリー」と「バッテリーチャージャー」を必ず持っていき、途中で交換&充電をして長時間の撮影に対応しています。

オススメのGoProバッテリー切れの対策

レジャーやスポーツでの利用でバッテリー時間が少し物足りないかと思います。そこでGoProのバッテリー対策に関しての役立つ情報をご紹介していきます。

①予備バッテリーを持つ

もともと付属のバッテリーだけのバッテリー動作時間に不安を持つ人は「予備バッテリー」を持つことを強くお勧めします!著者は必ず携帯してます。

もしバッテリー切れが起こったとしてもすぐ交換できますし、サイズ的にもGoProのバッテリーは本体同様「コンパクト」なので持ち歩きにも最適です。

オススメの予備バッテリーを理由と共にご紹介していきましょう。

おすすめの予備バッテリー|GoPro純正バッテリー

 

一概に「予備バッテリー」と言っても純正はもちろん、サードパーティー(互換性のある他社製品)も安価で数多く販売されています。

ここでおすすめなのは「GoPro純正バッテリー」です!

GoPro純正バッテリーがおすすめな理由

サードパーティーの方が安いのになんで?と思う人が多いと思いますが、理由としては以前ファームウェアアップデートの際に、純正以外のサードパーティー製のバッテリーが使えなくなることがあるからです(現在はアップデートに対応したサードパーティー製のバッテリーもありますが)。

今後のアップデートでも再び使えなくなってしまうことも考えられるので「安物買いの銭失い」になってしまう可能性も懸念されるからです。

何よりも純正の安心感もありますので著者個人的にも「純正一択」かな、と思っています。

このような二つのバッテリーを同時充電できるチャージャー付きの「デュアル バッテリー チャージャー + バッテリー」もあり、著者も購入しましたが、使い勝手が良くておすすめです。

デュアル バッテリー チャージャー + バッテリーをAmazonで探す

②モバイルバッテリーチャージャーを持つ

これは単純にスマホと同じ考え方ですが、「予備電源を持つ事」がバッテリー切れという緊急事態を避けるにやっぱりオススメです。おすすめのモバイルバッテリーチャージャーを理由と共にご紹介していきましょう。

おすすめ予備バッテリー|GoPro純正ポータブル電源パック

ポータブル充電器もこのようなGoPro純正からリリースされています。

撮影の合間に充電、もしくはバッテリーを二つ持っている人は片方を充電しつつ撮影などの使い方もできるのでおすすめです。特に上記の「デュアルバッテリーチャージャー」と併せて使えば交互に充電をスムーズに行えるので便利です。

薄くて小さく、カバンにも入れておきやすいので持ち運びも邪魔になりませんね。GoProは本体に関しても、周辺アクセサリーに関しても「コンパクト」な点は本当に使い勝手が良いですね。

ここで「スマホのモバイルバッテリーじゃダメなの?」と思う方がいると思いますが、率直に申し上げて「バッテリーの持ちを悪くしてしまう可能性がある」ので正直あまりおすすめできません。下記でさらに詳しくお伝えしていきましょう。

ポータブルパワーパックをAmazonで探す

GoProの正しいバッテリー充電方法

上記でもお伝えしましたが、スマホ用モバイルバッテリーでの充電は、GoProのバッテリーの持ちを悪くしてしまう可能性があるのでおすすめできません。

GoProのオフィシャルサイトにバッテリー充電に関して下記の記載がありました。

カメラおよびバッテリー BacPac には、5V 1~2A を出力する USB 充電器が必要です (モデルによって異なります)。この要件を満たさない充電器を使用すると、カメラまたはバッテリー BacPac に悪影響が及ぶ可能性があります。USB 充電器を使用してカメラまたはバッテリー BacPac に充電する場合は、カメラまたはバッテリー BacPac を接続する前に、アダプターの出力電圧 (V) およびアンペア数 (A) を確認してください。

引用元「GoPro HP

オフィシャルサイトにも「5V 1~2A を出力する充電器」と記載があり、HERO5以降のGoProは1~2Aで大丈夫なのですが、HERO4以前のモデルに関しては1Aのみにしか対応していません。

スマホ用モバイルバッテリーがおすすめできない理由

スマホ用モバイルバッテリーがおすすめできない理由は、出回っているスマホ用のモバイルバッテリーでは、1Aのモバイルバッテリーというのはほとんどないのが事実です。もちろんHERO5以降のモデルをお使いの人であれば関係ないのですが、モバイルバッテリーを使うときは必ず「アンペア数を確認」する事をおすすめします。

過電力による充電がバッテリーの寿命を縮めてしまう事や、動作時間を短くしてしまう事もありますし、事故につながる可能性もありますので気を付けましょう。

GoPro HERO 4以前のモデル対応|モバイルバッテリーチャージャーをご紹介

CXLiy モバイルバッテリー 大容量 24000mAh 携帯充電器

24000mAhの大容量モバイルバッテリーチャージャーですが、3つのポートがそれぞれ「1A」「2.1A」「2.1A」と出力が違うのでGoPro HERO4以前の機種をお持ちであれば「1A」を使用することでバッテリーに負担をかけることなく充電できます。

大容量なので同時にスマホなども充電できるので持ち歩きにはぴったりですね。

CXLiy モバイルバッテリーをAmazonで探す

RuiPu ソーラーチャージャー モバイルバッテリー

こちらも24000mAhの大容量で3つのポートがそれぞれ「1A」「2.1A」「2.1A」と出力が違うタイプのモバイルバッテリーチャージャー。

なおかつモバイルバッテリーチャージャーにソーラー充電の機能が付いているので、泊りがけのキャンプや電源が確保できないレジャーシーンにもってこいですね。

RuiPu ソーラーチャージャーをAmazonで探す

まとめ

今回はGoProのバッテリーに関してお伝えしていきました。

著者は初めて長時間の撮影に出かけた時に、「もうバッテリー切れ!?」となってしまった経験があります。

個人的にですが遠出する際は、せっかくの思い出の映像を迫力ある綺麗な映像で取れるカメラなので、予備バッテリーやポータブルチャージャー込みで持ち運んで、思いっきり撮影を楽しむ方がいいと思いますので是非今回の記事を参考にしてみてください。